TOPスポンサー広告 ≫ 検査項目TOP病院・病気 ≫ 検査項目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

検査項目

そう言えば先日動物病院へ行った時に
腎臓の新しい検査方法(項目)の案内が紹介されていて
従来の血液化学検査項目(Cre)だけだと
腎臓の機能が75%以上失われないと異常が検出できないとの事で
今度(7月から)SDMAという検査項目が取り入れられる事になったようだ
これだと腎臓の機能が40%失われた段階でその数値が高くなるので
早期発見・早期治療ができ
早い段階から腎臓を保護して進行を効果的に遅らせる事が出来るという

       検査方法

つまりBUNとCre値の他に新しく開発された項目(SDMA)で
腎機能の低下が早期発見できるという事みたい
特に猫の腎臓は小さいのでシニアになるにつれ負担がかかり
慢性腎不全で亡くなってしまう場合が多いよね
早期発見・早期の治療開始によって元気で長生きできれば嬉しい限り
ペット医療も進みつつあるので
難しい病気に関しても効果的な治療方法(選択肢)がもっと増え
併せて画期的な薬等も開発される事を切に切に願う


今日は、ぶちゃいくココアの画像をぺったん
ぶちゃいくココア
病院・病気 | Comments (-) | Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。